揚心館・合気柔術(実戦合気道)

楽しく強くなる!揚心館・総合武道

揚心館は、古武道から現代武道の格闘技の生い立ちや歴史を重んじ、その上で、新しい格闘技を取り入れてきます。このことが、他の道場では味わえない、深見がある技術を学ぶことができます。武道や格闘技を追究してみたいと思う方には必見です。

前のページに戻る

ココロ、カラダ、キタエル!揚心館・合気柔術



揚心館合気柔術の特徴は、古武道や合気道に近い打撃対応柔術です。主に、連続打撃攻撃に対する受け、そこからの当身(打撃)、関節技もしくは投げ技と展開します。また、剣術、杖術を取り入れています。

揚心館合気柔術の特徴は、「打撃を恐れない受け技」の修得が第一歩です。古武道や合気道、少林寺拳法などの型にはまった打撃の受け技に似たものと同時に、空手、キックボクシング、ボクシングなどの打撃技に対して、受け防ぐ方法の修得が一番求められます。その土台から、初めて、安定した技を繰り出すことが可能です。無論、スピードや連続打撃攻撃の場合、手さばきだけでは攻防できません。そのため、間合や体捌きの方法にも工夫があります。


揚心館・合気柔術(実戦合気道)の練習

受け身
体捌き(主に、打撃に対するさばき)
関節技
投げ技
(剣術・杖術)