キックボクシング、ボクシング、ムエタイ

楽しく強くなる!キックボクシング、ボクシング、ムエタイ

有酸素運動(体脂肪を燃やす)と無酸素運動(基礎代謝量を増やす)の両方の練習ができる理想的な練習を行っております。また、適度な筋肉や柔軟力が身につきます。また、武道の姿勢や動きは、体の歪みを矯正する効果もあり、楽しく強くなりながら、ストレス解消にもなり、健康になります。

前のページに戻る

ココロ、カラダ、キタエル!キックボクシング、ボクシング、ムエタイ

キックボクシング、ボクシング、ムエタイの練習

有酸素運動(体脂肪を燃やす)と無酸素運動(基礎代謝量を増やす)の両方の練習ができる理想的な練習を行っております。また、適度な筋肉や柔軟力が身につきます。また、武道の姿勢や動きは、体の歪みを矯正する効果もあり、楽しく強くなりながら、ストレス解消にもなり、健康になります。

 サンドバックを蹴る
キッズ
 フィットネスボクシング
フィットネス
強くなるためのキックボクシング プロ
着替えて
① ローププスキッピング(縄跳び)とランニング

② 体操、柔軟

③ シャドウボクシング
鏡をみながら、パンチやキックのフォームを確認しながら、練習を行います。練習は3分間を1ラウンドとして3分間集中して練習、1分間内で腹筋・背筋・腕立て伏せのいずれか、また3分間練習するという一定の間隔を繰り返して練習します。

④  メイン・メニュー(1つ~2つのメニューを選択して行います)
・サンドバック(サンドバック利用して、実際に、パンチ、キックを体感する練習。レベルに応じて、ヒットや呼吸のタイミングや追い込みの練習まで多様に練習をしています)
・首相撲(できるだけ同じ体格のペアを組んで、レベルの近い者同士でヒジ・ヒザを意識しながら、行う実践練習)
・ミット打ち(実際に、パンチ、キックを体感する練習。レベルに応じて、ヒットや呼吸のタイミングや追い込みの練習まで多様に練習をしています。サンドバックと異なり、実際の練習の方法を教えます。)
・レンチャーン(ムエタイ用語のマス・スパーリングです。ペアを組んで、蹴り中心の軽いスパーリングです。パンチ、キック、受け、相手の攻撃を見る。ヒットするタイミングを覚えることができます。
・スパーリング(ペアを組んで、ヘッドギア、プロテクターを着用した実戦形式(試合形式)の練習を行います。)

⑤ 整理運動・補強運
着替えて
① ローププスキッピング(縄跳び)とランニング

② 体操、柔軟

③ シャドウボクシング(3R-5R)
鏡をみながら、パンチやキックのフォームを確認しながら、練習を行います。練習は3分間を1ラウンドとして3分間集中して練習、1分間内で腹筋・背筋・腕立て伏せのいずれか、また3分間練習するという一定の間隔を繰り返して練習します。

④  サンドバックかミット打ち(3R-5R)
・サンドバック(サンドバック利用して、実際に、パンチ、キックを体感する練習。レベルに応じて、ヒットや呼吸のタイミングや追い込みの練習まで多様に練習をしています)
・ミット打ち(実際に、パンチ、キックを体感する練習。レベルに応じて、ヒットや呼吸のタイミングや追い込みの練習まで多様に練習をしています。サンドバックと異なり、実際の練習の方法を教えます。)
・ 違うこともします。

⑤ 整理運動・補強運動


 
着替えて
①ローププスキッピング(縄跳び)とランニング

② 体操、柔軟

③シャドウボクシング(2-3R)
19:00~20:00 ロープスキッピング(10分~30分)、ランニング(30分~50分)
プロの選手は、聖ヶ丘から多摩センター駅あたりまで、ランニングをします。約8.2km

④ シャドウボクシング
20:00~20:30 鏡をみながら、パンチやキックのフォームを確認しながら、練習を行います。練習は3分間を1ラウンドとして3分間集中して練習、1分間内で腹筋・背筋・腕立て伏せのいずれか、また3分間練習するという一定の間隔を繰り返して練習します。
6 メイン・メニュー(1つ~3つのメニューを選択して行います)

20:30-21:30
・サンドバック(サンドバック利用して、実際に、パンチ、キックを体感する練習。レベルに応じて、ヒットや呼吸のタイミングや追い込みの練習まで多様に練習をしています)
・首相撲(できるだけ同じ体格のペアを組んで、レベルの近い者同士でヒジ・ヒザを意識しながら、行う実践練習)
・ミット打ち(実際に、パンチ、キックを体感する練習。レベルに応じて、ヒットや呼吸のタイミングや追い込みの練習まで多様に練習をしています。サンドバックと異なり、実際の練習の方法を教えます。)
・レンチャーン(ムエタイ用語のマス・スパーリングです。ペアを組んで、蹴り中心の軽いスパーリングです。パンチ、キック、受け、相手の攻撃を見る。ヒットするタイミングを覚えることができます。
・スパーリング(ペアを組んで、ヘッドギア、プロテクターを着用した実戦形式(試合形式)の練習を行います。)

⑤ 理運動・補強運動 9:30-10:00
バーベル、懸垂、首の強化練習など行います。